Rhino+

Rhinoceros plugin開発日記
by rhino-plus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Link
最新の記事
bbpl バグ修正
at 2013-12-26 14:28
bansen バグ修正
at 2013-12-26 14:22
53_offc (offse..
at 2012-10-18 15:19
以前の記事
ブログパーツ
夢見る外国為替
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:10_excb( 1 )


excb(extend curve both)

バグフィックスの為、UP(v2.5)しました。

延長距離を入力した後に、Escキーを押すと、エラーが出てしまっていました。
(気が付かなかった・・・。)
また、延長距離入力時に、Escキーを押したときも、コマンドが終了しなかったのも
あわせて修正しました。

これで、’えぇ~ぃ、なんだこれ!?’と思うことも無いかと思います。。。

--------------------------------------
バージョンUP(v2.0)しました。

変更内容は、コマンド実行前のアイテム選択が可能にしたのと、
囲み選択を行えるようにしました。

これで随分使い勝手が良くなったと思います。
(DupEdge ⇒ そのまま excb ⇒ Trim → トリムする部分をヒット
と、連続して作業が行えます。)

ダウンロードは創造社HPの左下のRhino+リンクからどうぞ

--------------------------------------
曲線の両端を延長するコマンドです。

通常の曲線の延長のようなオプションが選択できます。
(線、円弧、スムーズ)
デフォルト設定は、”10mmの延長” ”スムーズ” にしてあります。

プログラムの
dblLength = 10.0の 10.0 を変更すれば、デフォルト設定の長さが変わります。
延長オプションのデフォルト設定を変更する場合は、
strType = Rhino.GetString("Extend type",arrTypes(2) , arrTypes)
の arrTypes(0) ⇒ 線延長、arrTypes(1) ⇒ 円弧延長 と、こちらも変更可能です。

また、通常の延長では、サーフェースの境界アイテムも選択できますが、
このコマンドは、曲線(ライン、ポリライン、円弧、スプライン)のみ、としています。
[PR]

by rhino-plus | 2011-01-25 10:37 | 10_excb